大会情報

event

9月21日/22日に夏の高校生フットサル大会2020開催!

2008年から開催されている夏の高校生フットサル大会(通称:夏高フットサル)は、今年は記念すべき10回大会となる。
第10回となる2020年大会より、一般社団法人日本ミニフットボール協会が、夏の高校生フットサル大会実行委員会と共に主催となった。

【これまでの優勝チーム】

2008年:浦和南高校
2009年:和歌山北高校
2010年:前橋育英高校
2013年:西武台高校
2014年:東大和高校
2015年:武相高校
2016年:武相高校
2017年:ばもFC
2018年:自由が丘学園高等学校
2019年:東海大Chulo Socio

この大会は、高校生フットサルNo.1を決める大会であると同時に、大会選抜チームは、特別トレーニングを積み、国際大会へ出場する。
過去この大会のMVPには、現フウガドールすみだの中田秀人(当時、武相高校所属)が選出され、今では日本を代表する選手となっている。

今後のフットサル界を背負う逸材が眠る大会。
今年は、イレギュラーにより9月開催となるが、熱い戦いを繰り広げてくれることだろう。

【大会名称】
夏の高校生フットサル大会2020(通称:夏高フットサル)

【開催趣旨】
高校生のサッカー&フットサルプレーヤーに広くフットサルを楽しむ機会を通じて、フェアプレー精神、チームワーク、他チームとの交流や親睦を図り、健全な心身を育てる場を提供する。
また、サッカーやフットサルの楽しさを再認識してもらい、高校卒業後もずっとずっと続けてほしい。そんな思いが込められた大会です。

【日程】
2020年9月21・22日

【会場】
AOBA SKY FIELD(神奈川県横浜市港北区北新横浜1-12)

【アクセス】
北新横浜駅より徒歩3分程度

【参加方法】
下記、大会エントリーフォームより参加申込を受付。定員に達し次第、お申込みを終了させていただきます。

【参加資格】
<同一高校枠>
同一の高等学校在籍中の選手で構成されたチーム
<クラブチーム枠>
現在、高等学校に通っている選手で構成されているクラブチーム
・選手は健康で、ルールを遵守でき、かつ保護者の同意のある者とする。
・出場チーム及び選手は、肖像権の使用に承諾したものとする。
・選手はスポーツ傷害保険(スポーツ安全協会傷害保険)に必ず加入すること。
(怪我した場合の応急処置は行うが、その後はチームで責任を持つこと)

【参加費用】
5,000円/チーム
※別途選手登録費:3,000円/人がかかります。

【募集チーム数】
60チーム

【チーム登録人数】
1チームあたり選手12名・複数チームでの参加可

【大会方式】
<予選リーグ>
各グループに分かれてのグループリーグ

<決勝トーナメント>
各グループ上位チームが決勝トーナメントに進出
10-2-10 にて開催します。ベンチ・コートの移動はなし。
※参加チームに応じて大会形式が変更となることがあります。

【お申し込み〜大会参加までの流れ】
下記大会エントリーフォームより申し込み後、後日事務局よりご案内のご連絡をさせていただきます。
その際に、選手リスト表・保護者同意書もお送り致しますので、ご記入の上、ご提出をお願いします。

【用具】
●すねあて(レガース)の着用は必須とする。
●ユニフォームは揃っていることが望ましいが、無い場合は指定のビブスを着用しても参加可能。
●屋外用のフットサルシューズを着用する。※スパイクは禁止

【主催】
夏高フットサル実行委員会/一般社団法人日本ミニフットボール協会
【企画制作】
株式会社ユーロプラスインターナショナル
【個人賞】
<優秀選手海外遠征>
優秀選手は、夏高フットサル日本選抜として、選抜トレーニングと、最終セレクションに参加。最終メンバーは、海外で開催されるフットサル国際大会に参加します。
※本年度に関しましては、変更となる場合がございます。予めご了承ください。

【申込期限】
9月7日までに下記エントリーフォームよりお申し込みください。

大会エントリーフォームはこちら

【お問い合わせ】夏高フットサル事務局
電話:03-6804-5928(株式会社ユーロプラスインターナショナル内)
※平日10時~19時