ミニフットボール国内ルール

国内大会ルール

■ボール

フットサルボール(4号球)を使用
※大会施設や年齢によって変更あり。

■コートサイズ

各施設のフットサルコートサイズに準ずる
※W杯に向けた大会などで変更あり。

■ゴールサイズ

フットサルゴール(2m x 3m)

■キックオフについて

サッカーと同様にキックオフを行う。
ボールは、蹴られて明らかに動いたときインプレーとなる。

■アウトオブプレーについて

ボールが、グラウンド上または空中でボール全体がサイドラインおよびゴールラインを越えゴールに入らなかった状況を指す

●サイドラインを越えた場合(キックイン)

  • グラウンド上または空中でボールの全体がサイドラインを越えたとき、最後にボールに触れた競技者の相手競技者に与えられ、キックインにて再開する。
  • キックインの際、ボール全体が中に入らないようにセットする。
  • ボールをける競技者は、いずれかの足の一部をタッチライン上、またはタッチライン外のピッチ面につけ、ボールがピッチから出た地点、またはピッチ外で、その地点から25cm以内の場所から、必ず静止したボールをける。
  • すべての相手競技者は、キックインが行われる地点から5m以上離れなければならない。
  • 一定時間を超えてもプレーが再開されない場合、遅延とみなす。
  • ボールが静止していない、または、競技者の足が上記をなしていない場合、相手チームからのキックインで再開する。

●ゴールラインを越えた場合(ゴールキック)

  • ゴールキックは、グラウンド上または空中にかかわらず、最後に攻撃側競技者が触れたボールの全体がゴールラインを越え、得点とならなかったときに与えられる。
  • ゴールキックから直接得点することはできない。
  • ボールがペナルティーエリアから出て、キッカーのゴールに直接入った場合、相手競技者にコーナーキックを与える。
  • エリア内にボールを静止した状態から、スタートする。
  • いかなる選手も、ペナルティーエリア内でボールを受けることはできない。
  • ペナルティーエリア内でボールに触れた場合は、再度ゴールキックを行う。
  • 相手競技者は、ペナルティーエリア内に入ることはできない。
  • ペナルティーエリアを出たときインプレーとなる。
  • 一定時間を超えてもプレーが再開されない場合、遅延とみなす。

●ゴールラインを越えた場合(コーナーキック)

  • コーナーキックは、グラウンド上または空中にかかわらず、最後に守備側競技者が触れたボールの全体がゴールラインを越え、得点とならなかったときに与えられる。
  • 相手チームのゴールに限り、コーナーキックから直接得点することができる。ボールがキッカーのゴールに直接入った場合、相手競技者にコーナーキックが与えられる。
  • ボールは、コーナーアークに静止した状態からスタートする。
  • キッカーは、インプレーになったボールを他競技者が触る前に再び触ることはできない。
  • 相手競技者は、コーナーアークから5m以上離れなければならない。
  • 一定時間を超えてもプレーが再開されない場合、遅延とみなす。

■ゴールキーパーについて

●ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の反則のいずれかを犯した場合、間接フリーキックが与えられる:

  • ボールを放すまでに、手で6秒を超えてコントロールする。

●次のような状況で、ボールを手で触れた場合:

  • ボールを手から放した後、他の競技者がそのボールに触れる前
  • ボールが味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされる。
  • 味方競技者によってスローインされたボールを直接受ける。

■選手交代

  • 選手交代は、交代ゾーンから選手の交代が可能。
  • 競技中の選手が、ピッチ外に出てから、交代選手はピッチ内に入ることができる。
  • プレー中であっても交代は可能。

■同点の場合のPKについて

  • 先攻、後攻をコインにて決める。
  • ボールはペナルティーマーク上に静止する。
  • ゴールキーパーは、ボールがけられるまで、キッカーに面して、両ゴールポストの間のゴールライン上にいなければならない。
  • トーナメントにてスコアドローの場合、3名でのPK戦を行う。