【優勝はセンアーノ神戸ジュニア!】Japan Minifootball Junior cup u10

2019年9月29日に幕張のZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAにて、Japan Minifootball Junior Cupの日本決勝大会を開催した。

地域予選リーグを勝ち抜いた、計8チームが集まり、41チームの頂点を競った。

予選から、スピーディーな展開が続く日本決勝は、どの試合も白熱し、予選ラストゲームまで予選突破チームが見えないまさに、「激戦」となった。

激戦を勝ち抜いた4チームによる決勝トーナメント

・大宮アルディージャu12 vs センアーノ神戸ジュニア

・安行東ss vs LIBERTY FC

関東予選1位通過の大宮アルディージャは、この日も強さを発揮し、この日優勝候補の目玉となった。

準決勝の相手は、センアーノ神戸ジュニア。東海を圧勝して勝ち抜いたセンアーノ神戸は、この日予選を2位通過してきた。

多くの人が注目した熱い戦いとなったこの試合は、両者ゴール前あと一歩及ばず1-1でPKにもつれ込む。

5-4でセンアーノ神戸ジュニアが決勝へ駒を進めた。

対する、安行東ssとLIBERTY FC。安行東ssは予選最終試合を引き分け、得失点差1差にて2位となり予選を通過した。

対するLIBERTY FCは、安定の強さと試合運びにより予選を通過した。

9番を中心に試合を展開する安行東だったが、LIBERTYが安定した攻撃をみせ、3-0で決勝へ進んだ。

今大会の初戦でもあった、センアーノ神戸ジュニアvsLIBERTY FCの決勝戦

実は、今大会のBコート初戦でもあったこのカードが、大会のラストも飾ることとなった。

予選では1-1であった両者。決勝も、激闘が繰り広げられる。

チャンスの数もほぼ同数であった決勝は、どのシュートも可能性をもつなか、ゴール前の混戦を押し込んだセンアーノ神戸がリードした。

LIBERTY FC も反撃にでるが、センアーノ神戸のGKがビッグセーブを披露する。

前のめりになったところを、センアーノ神戸が追加点をとり、優勝はセンアーノ神戸となった。

優勝したセンアーノ神戸ジュニアは、1月にドイツで開催されるEURO CUPに参加する。

すでに、アイントラハト・フランクフルトやバイエルンミュンヘン、RBライプツィヒの参加が決まっている国際大会で日本の強さを見せてほしい。

今後も注目間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です