【U-10ジュニアカップ東海予選】優勝はセンアーノ神戸!

2019年8月31日にBRINCAR FOOTBALL PARKにてU-10Japan Minifootball Junior Cupが開催された。

東海予選は上位2チームが日本決勝へと進み、日本決勝を勝ち抜いた1チームには、ドイツで開催されるEURO CUP2020への参加権が贈与される。

東海大会には、合計10チームが集まり、その頂点を競った。

大会は、5チームのグループ予選ののち、各グループの上位2チームの計4チームが日本決勝2枠の切符を賭けて戦った。

U10のカテゴリーは、各チームの特徴がよく現れ、U12に向けての過程が現れると大会を通して感じた。

予選Aグループは、デラサルが5-0というスコアをだし、注目を浴びたものの、その直後に行われたセンアーノ神戸ジュニアのゲームでは7-0とさらなる攻撃力を発揮。

攻撃力の高い2チームがAグループを突破した。

対して混戦の Bグループ。予選開始2試合は共に引き分けとなり、その他の試合も1−2の1ゴール差のゲームが予選から続く大混戦となった。その中で1つ抜けたのはBRINCAR TOP。
そして2位で抜けたのは、津ラピドフットサルクラブU-10。

東海予選決勝へ進んだのは、センアーノ神戸ジュニア、デラサル、BRINCAR TOP、津ラピドと全国大会の常連チームがトップを目指し戦うこととなった。

センアーノ神戸、デラサルが、準決勝を勝利し、東海予選通過が決まった。

東海決勝は、センアーノ神戸vsデラサル。

予選では、センアーノ神戸が2-1で勝利しており、デラサルとしても最後リベンジをしたい流れだった。

結果は、この1日、その攻撃力と選手のレベルの高さを見せつけたセンアーノ神戸。
決勝でもその圧倒的攻撃力を示し、東海予選の頂点にたった。

優勝したセンアーノ神戸ジュニア
2位のデラサル

日本大会は9月29日。
そこでも力を発揮し、頂点を目指して欲しい。

関西予選の様子
http://www.wmfjp.jp/2019/08/26/kansaiu-10juniorcup2019/

▼東海予選ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です