初代チャンピオンは東洋大学サッカー部!

関東予選と関西予選を突破した、6チームが25日千葉県のZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAに集結し、第1回JAPAN Minifootball CUPのチャンピオンを、そしてオーストラリアのパースで開催されるW杯へ参加する日本代表チームを決めるために戦った。

参加チームは関西予選を突破した 大阪産業大学サッカー部、環太平洋大学サッカー部と、関東予選を突破した、Queen Gear FC、流通経済大学サッカー部、東洋大学サッカー部、SEISの6チーム。

日本決勝大会は、6人制で行われた。ボールもサッカーボールとなり、ゴールも少年用ゴールのサイズで開催され、どのチームにとっても初となる競技であった。

流通経済大学サッカー部vsSEIS の戦いで幕を開けた。

7分ハーフで行われた試合は、両チームともに悪戦苦闘のスコアレスで前半を折り返した。

後半に入ると、競技特性を先に掴んだのは流通経済大学サッカー部。
選手が流動的に動き始め、だんだんとリズムが生まれ、終わってみると3-0で勝利した。

「ミニフットボールは、フットサルでもありサッカーでもある。これより広いとサッカーの要素が強いし、これより狭いとフットサルの要素が強くなる。技術だけで打開できる広さでもないし、球際、フィジカルも要求される。」とSEISの選手は語った。

第2戦は、東洋大学サッカー部vs環太平洋大学サッカー部の試合。
共に大学のサッカー部ということもあり、注目を浴びた。

試合は、硬直状態が続いたが、東洋大学が全体的に試合を支配するが、環太平洋大学GKのスーパーセーブの連続で、そのピンチを逃れた。

最後は、終了のホイッスルがなり、そのまま0-0と白熱の試合を披露した。

どの試合もみるものを楽しませ、飽きることのない試合が続いていった。ダイナミックな展開と、常にチャンスが目の前にあるシチュエーション。パワーと繊細さが求められるのがミニフットボールだ。

社会人チームのQueen Gear FCは、関東予選を1位で通過し、日本決勝へと進んだ。
その初戦は東洋大学。予選ではQueen Gearが好成績を残したが、予選(5人制)と決勝(6人制)では、まるで違う。

お互い球際に強く、熱くなる試合。どちらにもチャンスがあり、いつどうなるのか?
数々の世界大会の経験をもつQueen Gearか、それとも東洋大学か、、、

後半に入り、東洋大がゴールを奪いそのまま1-0試合終了となった。
大学生は日頃から共に活動し、鍛え上げているため、フィジカル、組織力があると感じた。しかしQueen Gearもシュートが1本入れば、という悔しい内容となった。

観客大盛り上がりの関西旋風

決勝で一番盛り上がったのは、この試合。大阪産業大学vs流通経済大学。
勝利チームが、決勝へ進出する状況での関西1位の大阪産業大と関東2位の流通経済大学が予選の大一番を迎えた。

試合内容だけでなく、大阪産業大学の作る独特の空気感に、ピッチは染まっていった。
両者共にプライド持っての試合だった。球際に強く、ファール寸前の攻防。
大阪産業大学の声かけにより作られていく会場は、ユニークであった。

が、シュートチャンスをしっかりものにした流通経済大学。またも後半に得点を重ね、最終スコア3-0と流通経済大学が予選を突破した。

東洋大学vs流通経済大学の決勝

決勝は、東洋大学vs流通経済大学の試合となった。
関東予選では、流通経済大学が東洋大学に勝利しているが、ここでリベンジなるか?

開始早々のこのFKで試合の流れを掴んだ東洋大学。
「No.53伊藤恵亮」決勝で好プレーを連続!!

ゴール右すみにボールを通し、見事なゴールで先制点を掴んだ。

掴んだのは、ゴールだけでなく、流れ、運までも自分のものにした。

シュートも流通経済大学GKが弾くが、それもなぜかゴールへと流れていきゴール!
気がつけば前半だけで3-0のリードで折り返した。

後半に強い流通経済大学。ここから挽回と行きたいところ!

東洋大学は、波を掴んでいただけでなく、とても冷静にワンタッチプレーを駆使し、流通経済大学のプレスを回避していき、No.53の伊藤選手も含め追加点。

終わってみれば5-0で東洋大学が優勝した!

キャプテンを務めたNo.56の関川選手
「普段トップではなかなか出られない選手ですが、こういう機会で世界大会のかかる大会でもあり、気合が入っていた。決勝で大量得点で勝ててよかった。」
「ミニフットボールは正直、難しい。フットサルよりも広いし、サッカーと違って人数も少ない。そんな中、今日はFWに当てて試合を作っていったが、世界に出ればもっといろんな戦術があるのかなと。すごく楽しい競技だと思います。W杯も楽しみにしています」と語った。

10月にオーストラリアパースで開催されるW杯へ向けて、チーム力を高め世界でも活躍してほしい。

U-10ジュニアカップ関西地区大会開催!

ドイツの5人制ミニフットボールの日本代表を決める
[JAPAN Minifootball Junior CUP]

この大会では、国内地域予選を勝ち抜いたチームが日本決勝へと進み、
日本チャンピオンになったチームは、ドイツで行われる[EURO CUP]への参加権が与えられる。

地域大会の関西会場が、先陣を切って幕を開けた。
優勝を目指し、6チームがその頂点を目指して戦った。

どのチームも技術の高い選手が集まり、その力を発揮するが、「Minifootball」では技術だけではその頂点にはたどり着けない。

フットボールに置ける、戦術やフィジカルも高く要求されるのが、Minifootballである。

決勝トーナメントに入ると、さらに白熱し、プレーヤーから保護者、全ての人が1試合1試合に視線を向け、声援、歓声をあげた。

狭いコートだからこそ、最後のホイッスルまで気を抜けない

決勝トーナメントでは、ラストプレーまで一切の気を抜くことはできない。
KSA①は、0-2の状況から怒涛の追い上げで3-3まで追いつき、最後の最後。試合終了間際で、なんと4-3と大逆転をみせ、決勝へと駒を進めた。

対して、BRINCAR SSは予選からその攻撃力を発揮し予選から総得点12ゴール、準決勝を2−0と組織力と戦術を披露し、決勝へと勝ち上がった。

決勝のカードは、技術力と高い思考力をもつKohdy Soccer Academy① と推進力とその爆発的攻撃力をもつBRINCAR SSとなった。

決勝も一瞬も目の離せない展開で、まさにシーソーゲーム!

試合中盤で、2-2のところ、KSA①のファールにより、BRINCAR SSが絶好の位置からFKを直接ゴールし、3-2とリードした!
その後もKSA①はPKのチャンスを得る。しかし、力みすぎたのか、シュートはクロスバーを直撃し、外れてしまった。

ラスト1秒まで目の離せない試合展開だったが、最後までBRINCAR SSが逃げ切り、この関西会場を優勝し日本決勝へ駒を進めた。

1位BRINCAR SS
2位KSA①
3位チューリップ
4位 YF NARA TESORO

そのほかの会場は、今週末、東海、関東会場と戦いが繰り広げられる。

チャンピオンは誰になるのか?そしてドイツで実力をぶつけてほしい。

▼関西予選フォトギャラリー

日本決勝大会のチームが決定!!決勝は8月25日!!

関西、関東の上位チームが決まり、ついに日本チャンピオンを決めるべく、8月25日に大会が開かれる。

優勝チームは、10月に開催されるワールドミニフットボール協会主催のW杯に日本代表として招待される。

第一回のチャンピオンになるのはどのチームなのか?!

【日本決勝大会6チーム】

  • 流通経済大学
  • 東洋大学
  • Queen Gear FC
  • SEIS
  • 大阪産業大学
  • 環太平洋大学

大学チームがひしめく決勝大会となるが、優勝はどのチームになるのか??
初代チャンピオン、そしてW杯の頂点を目指して戦え!