【JAPAN MINIFOOTBALL CUP 2020】順天堂大学サッカー部が優勝!!

2020年2月18日(火)に千葉県ZOZOPARKにてJAPAN MINIFOOTBALL CUP 2020が開催された。

一般財団法人全日本大学サッカー連盟と共催にて初開催となった今大会には、昨年日本を代表しオーストラリアW杯に参加した東洋大学をはじめ、関東大学リーグ1部リーグ所属チームなどが参加した。

狭いコートでの戦いは、コンタクトも多く、インテンシティの高い試合が続いた。その中で冷静に判断し、最適な選択をしていくことがこのミニフットボール攻略の鍵となる。

つなぐべきか、ロングボールを使うべきか。

チームによってプレースタイルも違った。慶應義塾大学ソッカー部は、フットサルも取り入れているチームであり、後ろから選手が入れ替わりながらもトップの選手に当てるタイミングを測りながら攻撃をしていた。

どの戦術も正解であり、間違いはない。
ゴールこそが答えであり、勝利こそが目的である。

予選を突破したチームは

  • 桐蔭横浜大学サッカー部
  • 慶應義塾大学ソッカー部
  • 中央学院大学サッカー部A
  • 順天堂大学サッカー部
  • 流通経済大学サッカー部A
  • 流通経済大学サッカー部B

の6チームが勝ち上がった。
昨年のチャンピオン東洋大学サッカー部は、予選にて敗退となってしまった。

トーナメントとなると各チームの空気も変わった。同時にこのミニフットボールという競技にも慣れてきたようであった。

攻守の切り替えが大切なゲーム

この競技を通して、時に「ヤバっ!」という声が漏れていた。

それは、失った”瞬間”にとっているポジションと切り替えのスピードだ。

一瞬の判断ミスや切り替えのスピードにより、カウンターが上手く決まるのが、このミニフットボールである。

つまり、攻守に渡り、次のプレーへの予測、攻撃をしながら守備、同様に守備をしながら攻撃のことも同時に考えていかなければならない。

決勝は、順天堂大学vs慶應義塾大学

流通経済大学Aを準決勝で3-1で勝利した順天堂大学と、桐蔭横浜大学とのPK戦を制した慶應義塾大学の決勝戦となった。

決勝は、お互いにチャンスを作るも、真正面からのシュートが増えていた印象であった。もう一つアイディアがあればゴール前まで詰めることができるが、コートの広さと相手との間合いからなかなか押し込むことができない両チームであったが、残り5分程度のところ、順天堂大学が得点を奪い、優勝カップを手にした。

大会優勝チームの順天堂大学サッカー部は、6月に世界ミニフットボール連盟主催のU23W杯へ参加する。

【BEST 6 Players】

写真左から
・桐蔭横浜大学サッカー部
寺沼星文
・順天堂大学サッカー部
田代蓮太朗
吉田圭吾
・慶應義塾大学ソッカー部
小林将太
渡辺穣
・流通経済大学サッカー部
岡田勇斗

W杯にて順天堂大学サッカー部はどう戦うか。
世界を経験し選手たちの成長の糧として欲しい。

twitter: https://twitter.com/JPMinifootball
Instagram: https://www.instagram.com/minifootball_japan/
Facebook: https://www.facebook.com/japanminifootball/