【ミニフットボール世界会議】世界会議開催!

W杯のタイミングは、世界各国の代表が集まる大切なタイミングでもある。

世界各国の代表が集まり、年間活動報告などが世界会議では発表されると共に、新規参入国の決議、すでに加盟しているが、除名する国の決議なども行われた。

一方大会は、ベスト8が決まり、準々決勝が開催された。

東欧同士の試合となった、ウクライナ🇺🇦vsハンガリー🇭🇺は、ウクライナはキーパー をベースに攻撃するが、ハンガリーのサイドをうまく使った攻撃が上手をとり、3-0でハンガリーが勝利。

ヨーロッパvs南米となった、スロバキア🇸🇰vsブラジル🇧🇷は、ブラジルが先に2点先取し、リードを取る。スロバキアも意地をみせ、1点を取り波に乗り始める。ブラジルのキーパーの好セーブもあったが、事件が終了直前に起こった。

スロバキアのシュートがブラジル選手に当たりコーナーかと思いきや、ピッチ隅のモニターによりハンドと判定。VARは採用していないが、判定が覆り、スロバキアのPKになった。

このPKをブラジルキーパー がセーブ!し2-1でブラジルが勝利。

続いて開催国オーストラリア🇦🇺vsルーマニア🇷🇴の試合に。オーストラリアにとって、グループ予選と比べるとレベル、スピード共に数段上がる決勝トーナメント。日が暮れてピッチも湿り、滑る環境のなかだった。

ルーマニアがミニフットボール発展エリアである東欧の強さを発揮し、なんと準決勝にて6-0の勝利。

本日の最終戦となった、チェコ🇨🇿vsメキシコ🇲🇽。チェコはこれまで強豪を倒してきた前回王者。対してメキシコは今大会、大量得点で他を圧倒してきた。

中々ゴールネットが揺れない試合だったが、前半にメキシコのFKを直接ゴールし、メキシコの先制点!!

後半になり、拮抗した試合の中、チェコがミニフットボールらしい、くずしから完璧にゴールし、同点に。

試合も終盤にはいったところで、混戦からヘディングシュートがループシュートとなり、メキシコが勝ち越し、そのまま勝利となった。

メキシコが会場を沸かせる1日となった。

試合動画はコチラから

https://www.facebook.com/japanminifootball/