一般社団法人日本ミニフットボール協会とは

一般社団法人日本ミニフットボール協会

2019年に発足した一般社団法人日本ミニフットボール協会(JMF)は、日本のFOOTBALLの発展だけではなく、選手の育成や世界への挑戦を元に活動をしている。世界約100カ国が加盟するWorld Minifootball Federation(世界ミニフットボール連盟:WMF)に加盟しており、W杯やコンチネンタルカップに向け、国内大会を開催していく。

ミニフットボールは、ヨーロッパを中心に、世界中で愛され、ミニフットボールの競技人口は年々増加傾向にある。

ミニフットボールとは

ミニフットボールとは、”少人数制のサッカー”であり、狭いエリアでの早い展開のハイインテンシティー(高強度)な競技である。
W杯では、6人制(GK含む)で開催され、ピッチサイズ、ゴールサイズ共にフットサルよりも広く大きいサイズとなっている。
ボールは、サッカーボール(5号球)を使用し、サイドアウトからはスローインでリスタートと、ハイテンポな試合が展開される。

11人制のサッカーでもなく、フットサルでもなく、ソサイチでもない。
この”新スポーツ”で、FOOTBALLの頂点を掴んで欲しい。
一般社団法人日本ミニフットボール協会は、”FOOTBALL”を通じて世界へ向けて戦うためサポートしていきたい。

(定期的に開催される世界会議の様子)